上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、ご近所に住む86歳のご老人から遺言書の作成について相談を受けた。
子供とも妻とも死別され、現在一人暮らし。
親兄弟も既に他界されている。
私が死んだらどうなるのですか?と心配されている。
聞けば、おそらく一生の間に使い切れない位の蓄えがある。
決して質素な生活をしているわけではないが、支出を上回る年金がある。
今も財産が増え続けているのである。

「ご自分の財産なのだから自由にして良いのですよ。」
そうは言ってもやはり不安気持ちであることを話された。
その気持ちはよくわかる。

「まずは、生活状況を拝見してから一緒にライフプランを考えましょう。」
とりあえず、お宅を訪問することになった。
お邪魔した際、それ相応に物があるのに、きれいに片付いており、ごみひとつ落ちていないので、思わず聞いてしまった。
「ヘルパーさんはどの位の頻度で来られるのですか?」
「え?」
「お掃除頼まれているのですよね?」
「いいえ、私が毎日箒で掃いているのですよ」
「・・・私の部屋よりきれいではありませんか。」

身の回りのことは何でも自分ででき、介護認定を受ける必要もないのである。

いろいろお話をお聞きしている内に任意後見に話が及んだ。
興味を持たれたので簡単に概略だけ説明をした。
やがて、もっと詳しく話しをしてほしいということになり、後日資料を持って出直す事になった。

最近、このパターンが増えてきた。
遺言から任意後見につながっていくパターンだ。
どちらもニーズに重なっている部分がある為かもしれない。

心がけていることがある。
まずは私自身を信頼して頂くことである。
すべてはここから始まる。
そして人生の先輩への敬意と相談して頂けることに対する感謝。
ゆっくり、力強く進めていこうと思う。





大阪で遺産相続、成年後見、相続登記のご相談なら
大阪の成年後見・任意後見相談室

お電話でのご相談は 0120-51-8107まで


ついでにポチッと!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。