上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10時にAさんの入所施設に到着。
簡単な打ち合わせの後、相談員のOさんと葬儀社に赴き、葬儀の打ち合わせを行った。
葬儀費用は約100万円、明日通夜、明後日13時より告別式と決まった。

成年後見人としては、どの程度の規模の葬儀を行えば良いのか迷うこともあると思う。
この点家庭裁判所に相談しても「世間相場で」と答にならない回答である。
要は、明確な基準といったものはなく、世間一般常識の範囲内で行えばよいということである。

又、本来なら後見人が葬儀を行う権利及び義務があるのか疑問ではあるが、他にこれを行うものがいない以上、後見人が行う必要がある場合もある。
民法上の事務管理の理論が適用される場面である。
この点、念のため家庭裁判所に確認したところ「よろしくお願いします」とのことだった。
私は取りあえず、当座の資金として少し多めに被後見人名義の口座からお金を引き出し、今後の出費に備えた。

そして通夜、告別式を無事に終え、大阪市内のU霊園の火葬場へ行った。
火葬に付されたお骨は骨壷に収められ、菩提寺に安置された。

あっという間の3日間であった。
ほっとしたら一気に疲れが出た。


大阪で遺産相続、成年後見、相続登記のご相談なら
大阪の成年後見・任意後見相談室

お電話でのご相談は 0120-51-8107まで


ついでにポチッと!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toshi550.blog.fc2.com/tb.php/13-90de0afc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。