上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.18 見守り契約
以前から任意後見契約をする際には必ず「見守り契約」を交わしていましたが、最近では、この「見守り契約」のみを依頼される方がいらっしゃいます。

見守り契約とは何ぞや?
まだまだそれほど世間に認知されている言葉ではない気がします。
広い意味では日常用語どおり、「見守り」を内容とする契約です。
但し、個別に契約内容を見ればそれこそ千差万別、依頼者の現状、家庭環境に併せてオリジナルの契約をこしらえます。

最も簡易なものは月1回電話によるお声掛けを主な内容するものです。
確認事項を契約内容に盛り込み、記録を保存していきます。
必要が生じた場合は訪問もする内容になっています。

月1回訪問にての面談を内容とするものもあります。
やはりお顔を拝見すると現状がよくわかりお互いに安心します。
つい滞在時間が長くなってしまいがちです。

見守り契約をベースに財産の管理を委任されることもあります。
この場合は「財産管理契約」を新たに結ぶことになります。

これらの日常業務を通じて、高齢者の方が安心して相談できる場所がありそうでないのだなあと感じています。

高齢者の方は信頼してもらえるまでには多少時間がかかりますけど、じっくり腰を落ち着けてできる業務でありますし、遣り甲斐の多い仕事です。




大阪で遺産相続、成年後見、相続登記のご相談なら
大阪の成年後見・任意後見相談室

お電話でのご相談は 0120-51-8107まで



ついでにポチッと!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toshi550.blog.fc2.com/tb.php/18-9889fc48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。