上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、公証人の先生に任意後見契約公正証書を作成していただきました。
委任者は独り暮らしの90歳の男性です。

この方は、昨年の11月にご自身で調べられて、当事務所に成年後見の相談に来られました。
ちょうど1年で当初ご自身が希望された手続きにたどり着いたことになります。

その間、見守り状態を続けました。
月に2度程度訪問し、向こうも数回ひょっこり事務所に来られました。

幾度となく「あとはあなたにまかせる」という言葉を頂きましたが、面倒なことはしたくないという気持ちが強く、なかなか手続きには至りませんでした。

現在も「自立」状態で、掃除、洗濯、炊事など家事も全てご自身でこなされていますので、まだまだ「自分は元気だ」という自信があったようです。

成程おっしゃる通りお元気とは言え、さすがに高齢であり、今年の夏以降、健康が勝れない日が続いたこともあって気持ちに変化が生じたようです。

私としては、ようやく端緒についた感じです。
これからも変わらず「身守り」を続けていきます。




大阪で遺産相続、成年後見、相続登記のご相談なら
大阪の成年後見・任意後見相談室

お電話でのご相談は 0120-51-8107 「こい、パ-トナー



ついでにポチッと!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
>
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toshi550.blog.fc2.com/tb.php/24-771fb097
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。