上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京弁護士会所属の弁護士が成年被後見人の財産計約3900万円を着服したとして、東京地検特捜部が業務上横領などの容疑で、関係先を家宅捜索したことが21日、関係者の話で分かりました。

容疑者たる弁護士は「少なくとも1400万円横領し、ローンの返済などに使った」と認めており、特捜部は立件に向けて捜査しています。

関係者によると、この弁護士は平成19年、千葉県八千代市の女性の成年後見人に選任され、銀行口座などを管理していましたが、選任後、女性が所有する不動産の売却益などから約1400万円を横領。
さらに22~23年、女性名義の銀行口座から計2500万円を自身の口座に移すなどした疑いが持たれています。

弁護士は東京弁護士会の元副会長で、横領した金を自宅の補修費などに費消したとのことです。

いやはや。。。


大阪で遺産相続、成年後見、相続登記のご相談なら
大阪の成年後見・任意後見相談室

お電話でのご相談は 0120-51-8107 「こい、パ-トナー



ついでにポチッと!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
>
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toshi550.blog.fc2.com/tb.php/28-b5fd84c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。